×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

夜泣き

夜泣きについて

夜泣きとは、特に思い当たる理由がないのに赤ちゃんが長い時間泣く状況のことをいいます。子育て経験のある大半の母親が体験しているものです。夜泣きと呼ばれるものは、赤ちゃんが夜半に泣き出すことではなく、原因がわからなくて泣き続けることを言います。

夜泣きの苦労することは、何をやっても泣き続けることです。泣き方は、赤ちゃんによってさまざまですが、継続的にくずったり突然堰を切ったように泣いたり、毎日寝る暇もなく手こずります。就寝前は調子も良く変わった事も無かったのに、一旦泣き出してしまうと再び寝るまでに長い時間を要することになります。早い場合には夜泣きは産後2ヶ月たったくらいから見られるようになるそうです。毎晩同じような状態が1年以上継続します。

特効薬はありません

ママやパパは、あれこれと頭をひねって色々と計画を立てトライしているようです。夜泣きにはこれと言った特効薬も見つからず、泣き止ますのに疲れ果て朝が来る生活が繰り返されていきます。毎晩泣き続けられるのはとても辛いのですが、これが成長していく歩みだと思えば多少気持ちは解放されます。子どもも大人と変わらない睡眠のリズムを身体で覚える過程で起こる現象が夜泣きなのです。赤ちゃんが夜泣きするのは、成長しているせいなんだと思い、温かい気持ちで見守りましょう。毎夜、いつまでも泣きやまないわけではないのです。

だいたい1歳半になる頃には、多少睡眠のリズムが定まってきますので、その期間までは親のストレスをためないような工夫をしましょう。決定的な解決策はありませんが、成果があったと言われている方法を先輩ママがやっているので、それを実行してみませんか。

オンライントレード